ニセコだより

北海道のニセコから、春夏秋はクライミング、冬はバックカントリーを中心に、最新のアウトドア情報を発信します。

 
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
10


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Day17 セバチバナ開拓②

夏期は、今狙っているルートのコンディションがとても悪く、リードで取り付くのに危険が高い。
他のルートも、もちろん登るが、開拓もセッセとやります!

2014.7.4 10~15時 独りで。
先日開いた、「モウニチャイ 5.9」の更に奥。
壁は低くなっていくが、傾斜が落ちる為、最上部から懸垂しなくても、なんとか中間部テラスに上がれると予想。

鎌で、背丈の倍はある、イタドリをバッサバッサと切り倒し、潅木が点在するルンゼを探る。

ルンゼを上がり、いよいよトラバースに入る手前までフリーソロであがり、フィックス作業開始。
小潅木にフィックスロープを直付け。

危うい箇所の手前で、計4箇所ボルト設置。
礫状の岩が積み重なり、相当に不安定。 
慎重に岩を落としながら、前進。

目当てのルートの上部で懸垂用に2本ボルトを打ち足し、ロープダウン。
懸垂下降し、下までロープが届いている事を確認、ホッ・・・。
そのまま、浮石の除去とラフに清掃し、取り付きへ。

今回掃除したのは、下部は簡単目なフェイス。
上部、フェイスからスラブは、左手に顕著なクラックを持つ2パート。
ミニマムボルトを念頭に、B2本+NPの開拓の予定。
グレードは、当方クラック初心者の為、検討もつきません。

ちなみに、この右手が本命ラインで、下部やさしく、上部ガバハングの5.10aを作れそうです。

10aが無い、当地ですので、ズバリこのグレードだと良いのですが・・・。
但し、終了点付近に、膨大な量の浮石があり、もうしばらくは作業の日々です。

この二本が引けたら、いよいよ上部からの開拓に着手の予定です。



スポンサーサイト


Comments

Leave a Comment


Body

ニセコだより
プロフィール

kanomor

Author:kanomor
FC2ブログへようこそ!

FC2カウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
スポーツ
1628位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ウィンタースポーツ
102位
アクセスランキングを見る>>
電力使用状況&電気予報
 
検索フォーム
 
 
 
 
 
 
ブロとも申請フォーム
 
 
QRコード
QR
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。