ニセコだより

北海道のニセコから、春夏秋はクライミング、冬はバックカントリーを中心に、最新のアウトドア情報を発信します。

 
1
2
3
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
08


積丹岳スノーボーダー遭難、道警によるレスキュー失敗による死亡事故の判決

救助隊に過失 道に1200万円の支払いの賠償命令

NHK NewsWebより

当時の北海道新聞の記事より
後志管内積丹町の積丹岳(一、二五五メートル)に一月三十一日に入山した男性が行方不明になった遭難事故で、道警は二日午前七時から捜索を再開し、道警ヘリが約四十分後に男性を発見し、札幌市内の病院に搬送したが、男性の死亡が確認された。また、男性は一日の救助作業中に二度滑落していたことも分かった。機動隊員が急斜面を滑落した男性を、救助用ソリに乗せて引き上げていた際、ソリを固定した樹木が重みで折れてソリが滑り落ちたという。
道警によると、男性は札幌市豊平区Fさん(38)。二日の朝の捜索で、Fさんは標高千メートルの南側斜面で、ソリに乗った状態で見つかった。一日の捜索で道警機動隊員五人は、同日正午、山頂付近にFさんが倒れているのを発見。隊員がFさんを抱きかかえて移動したが、足元の雪が崩れ、隊員三人とともに約二百メートル滑落した。滑落後の同午後一時ごろ、隊員はFさんをソリに収容。三人で約一時間かけ、四〇度の急斜面を五十メートル引き上げた。 その後、他の隊員と交代するため、一時、ソリを樹木にくくりつけた際、樹木が折れ、Fさんが二度目の滑落をして行方不明となった。このため、隊員は一日夕に捜索を一時、中断した。
滑落については当初、Fさんが雪に穴を掘ってビバークしており、そこからの救助作業中に発生したとみられていたが、道警の隊員への聞き取りで、二度の滑落など詳細な状況が判明した。

判決文を見てみたいです。

気になるのは、
家族の発言が・・・
想像力が・・・
でも、自分の子供となれば、こうなるのだろうか。

教訓として、身近なれど冬山に向かうと言う事を自分に戒めたいと思います。

100%の安全は無い。
99.9%の小数点以下の9を如何に増やせるか。

安全対策。
事故を起こさない行動。

山に入る前に、やれる事はたくさんあるので、改めて見直したいです。
スポンサーサイト


Comments

積丹岳を滑って幸せになりたい・・・もちろんOK。日本国憲法は国民が自由に決定、行動して幸せになることを保障しています。(13条、幸福追求権)
憲法13条から導きだされる権利としてプライバシー権、自己決定権がありますが、自己決定権には自己の身体、生命の処分の自由(死ぬ権利、安楽死権・自殺)があり、これから、趣味で死傷する可能性がある危険行為も自由であることが通説となっています。
但し、その行動により他人の幸福追求権を侵害しないことが条件です。(公共の福祉に反しない限り)
積丹岳を滑る行動により、直接、他人を死傷させ生きる権利を侵害することはないでしょう。

このことを前提に意見を書かせていただきます。            

登山は自己責任で行なうもの、当然、自分の命は自分で守る。最大限のリスクパターンの思考、身体の訓練が必要で、これが命を守るための自己決定力につながると考えます。
つぎに万が一事故に遭遇した場合に備え、保険に加入し、救助に要した費用は受益者負担で、登山者が支払うのは当然であると思う。

本来、警察は死亡の可能性がある人がいる場合、山岳地帯の冬山であろうと現地に行き、事件か、事故か状況を調査し死亡の可能性がある人を山から降ろして医師に検死させ事件性がないか調査する。治安維持活動が警察の公務なのです。
この際、生きている人は救助するのが警察による救助活動で法的根拠はないのです。
この調査活動をしないと山岳地帯での殺人はバレないことになるのです。

欧米では民間の山岳救助組織が確立しており、フランスでは山岳救助隊員は国家試験の合格者でなければならない。日本では警察の要請で地元の山岳会や消防団が手弁当でかりだされ救助に向かう体制が長年続いていたが、近年、地元のガイド組合などが山岳救助を担うようになってきてはいる。勿論、有償で一日1人、5万円とか聞くが、全国的にはなってはいないのが現状で、民間の山岳救助組織の制度化が急務であろうと思う。
ありがとうございます。
登山の自由さん>警察の公務について、初めて知りました。ありがとうございます。 実際、山のプロでは無いはずなので、高度なレスキューは期待できないですよね。 日本の救助システムが、構築される事を期待したいです。

Leave a Comment


Body

ニセコだより
プロフィール

kanomor

Author:kanomor
FC2ブログへようこそ!

FC2カウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
スポーツ
1593位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ウィンタースポーツ
88位
アクセスランキングを見る>>
電力使用状況&電気予報
 
検索フォーム
 
 
 
 
 
 
ブロとも申請フォーム
 
 
QRコード
QR