ニセコだより

北海道のニセコから、春夏秋はクライミング、冬はバックカントリーを中心に、最新のアウトドア情報を発信します。

 
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
22
23
24
25
26
27
29
30
06


Day16 小樽赤岩④

メンバー:N道さん、KMBさん
天気:晴れ 湿度:72-65% 

歴史的に長雨の、蝦夷梅雨が一段落。
気温も上がり、乾いている事を信じて。

44でアップ後、トカゲの洞窟へ。
願い空しく、下部がグショ濡れ。
リードでトライするには危険と判断。

岩は、全体的に湿気っぽい。 夏が来た。
クライマーにとって、耐える季節が始まった。。 
でも、あきらめず、頑張っていれば、きっと実りの秋を迎えられると信じて。

で、トビラ岩へ。
KMBさん、北海道のフリークライミング元年、1983年に開かれた歴史的ルート「オレンジ 5.11a」オンサイトトライ
sP10908921.jpg sP10908991.jpg sP10909041.jpg sP10909071.jpg
実に見事! 気合タップリのトライは圧巻でした。  
オンサイトグレードの更新もおめでとうございます!!
8年前に、オンサイトした感動を思い出しました。
クライミングを真剣に取り組み始めてからの目標でしたので、今でも鮮明に覚えています。

100岩場の裏表紙風の写真が撮れました。 うれしい!!

さて、自分は、その左手にある「イエローサブマリン 5.11d」のオンサイトトライ
sP10909201.jpg
核心で、手詰まりになり、フォールしました。
核心は、急にそれまでと比べても悪くなり、難解。
何とか力でねじ伏せ、2テンでトップアウト。

このルート。自分は、もう登る事は無いでしょう。
2箇所のホールドが崩壊寸前です。

一箇所目は、4ピン左上の40x30cmのフレーク。
ここは、他のホールドを使えば、問題なし。

二箇所目は、核心後のクリップホールド。
メキメキ音を発するホールドを、戦々恐々としながら保持し、クリップしたのは初めての経験。
ここは、代用が無いので、かなりリスキー。

しかも、ボルトが、本当にボロボロ。 
これは、オレンジ(30年前施工)にも言える事で、危険な状況に見えました。

最近、リボルトで古いボルトを撤去している経験からすると、
あのボロさだと、ハンマー一振りで充分と見えました。
安全に登りたい人は、リボルトしましょう。

この後、KMBさんの希望で、「なめこスラブ 5.10b」フリーソロ(と、言うかボルダー課題?)
KMBさん、自分ともに完登。 最近のボルダーグレードだと、6a辺りでしょうか。

自分は、大学3年にトップロープで何度もトライした末、完登して以来、19年ぶりの再登。
2トライ目で登れ、上手くなれたんだなぁ、感慨深かった。

夏の赤岩。 
ミスターオタルに固執したり、グレードにこだわらず、様々なムーブを味わいます。

スポンサーサイト

day13 小樽赤岩③

2014.6.5 メンバー:N道さん。Zenさん、かのま~

湿度、40%~50%奇跡的に乾いて、絶妙なタイミングの小樽赤岩。

ミスターオタル5.13a
リボルト後、ようやく来れました。

1便目は、マスターで。
2ピンクリップ後、テイクし、跡は、ムーブを確認しトップアウト。

二便目で2テン
相性ヨシ!
次回は・・・。

Day12 義経岩リボルト

2014.6.5 湿度最低30%パキパキに乾ききっている岩をリボルト!!

P6050065.jpg

日本フリークライミング協会
 理事、事務局長 井上 大助氏に来道頂き、
北海道では、まだまだ担い手の少ないリボルターの育成の機会に参加できました。
当日は、10名以上の参加で、注目の高さが伺えました。
P6050071.jpg

なお、今回の作業で使用した消耗資材(ボルト、グルー剤)や井上さんの来道費用は、
日本フリークライミング協会の会費と寄付により賄われています。
全国的に見てm入会数の少ない北海道のクライマーさんの協力をお願いします!!
(こんな事言う自分も、この作業の前日に滑りこみ入会しました・・・! インターネットから楽々入会できますヨ)


今回、感じたのは、自分が如何に出来ていないか、と言う事。
機材・施工技術含め、まだまだ足りていません。 ほとんど経験が無いので、当たりまえですが。

以下、今回学んだ新しい知識について

服装・装備
①ケミカル剤対策→ 長袖長ズボン、保護めがね(失明の危険あり) 劇薬から身守る。
②CRC(潤滑スプレー)→ サッビサビのボルトも、少し置けば、レンチで外せる可能性UP
③ラッカースプレー→ 折り取ったボルトの上から吹きつけ、錆び止め。
④バイスプライヤー→ 古いアンカーを除去する際に、大活躍。
⑤幅の狭いヘラ→ 自分のは幅が広すぎました

技術
①セルフビレイ→ 特に傾斜が強い壁で、安定した姿勢で、的確な作業をする為。
②ブロアーは全力で吹く→ 粉を除去する事が正確な作業を助ける。忘れがちな上アゴ部分も。
③ブラシ&ブロアー最低3セット
④水洗い→ 開けた穴を真水を吹きつけ(水鉄砲の類)&ブラシ&ブロアーを最低3セット
⑤ブラシは③と④の作業は別の物を使用
⑥FIXE社のグルーインボルトは、15度の角度で、上アゴにカラビナが載らない位置まで穴を作る。
⑦グルー剤は、空気が入らない様に、且つ、ノズルに剤が付かない様に充填→ 高価なグルーを無駄なく利用する為。難しいので、慣れが必要(安いコーキング剤で練習しても良いかも?)

10:30~19:30の作業で、以下のルートを直しました。
P6050073.jpg
飛行機の時間ギリギリまで、熱の篭ったご指導を頂いた、井上さんに、最大の敬意を表します。

まだまだ、ボロボロのボルトが多数ある当地のルートを、利用者の力で治して行きたいですね。

THE NISEKO CLASSIC

夏がやってきました! アウトドア最高!の季節です。
夏真っ盛りの時期に、魅力的な自転車の大会が開催されます。

以下、サイクルスポーツ.jpから転載
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

7/13 第1回ニセコクラシック。140km&70km マスドスタートのロードレース
ニセコの魅力ある自然資源および地域資源を活用して、サイクリング目的の観光地として地域を盛り上げるため「第1回ニセコクラシック」が開催される。

ニセコグランヒラフスキー場をマスドスタートし、ニセコアンヌプリ~パノラマラインを経て日本海へ出てスタート地点へ戻る140kmコースと、蘭越町をマスドスタートし、日本海~ニセコグランヒラフスキー場までの70kmコースの2つのロードレースを年齢別カテゴリーにて実施する。

制限時間内に決められた地点を通過しないと失格(140kmコース4カ所、70kmコース1カ所)。 かなり本格的なレースだが、この夏、自分自身の記録に挑戦してみよう!

コース地図↓
http://www.cyclesports.jp/depot/detail.php?id=8610

開催日:2014年7月12日(土)~13日(日)

開催地:北海道虻田郡倶知安町字山田 グランヒラフスキー場 

参加費:140kmコース 1万2000円、70km 9000円

参加資格:13歳以上

申込締切:6月22日(日)

申込方法:JTBスポーツステーション https://jtbsports.jp/events/events-detail.php?id=3298

http://www.nisekoclassic.com/


ニセコだより
プロフィール

kanomor

Author:kanomor
FC2ブログへようこそ!

FC2カウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
スポーツ
1981位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ウィンタースポーツ
111位
アクセスランキングを見る>>
電力使用状況&電気予報
 
検索フォーム
 
 
 
 
 
 
ブロとも申請フォーム
 
 
QRコード
QR