ニセコだより

北海道のニセコから、春夏秋はクライミング、冬はバックカントリーを中心に、最新のアウトドア情報を発信します。

 
1
2
4
5
6
7
9
10
11
12
13
15
17
20
21
22
23
24
25
26
27
28
02


仕事前のお楽しみ

職場の気の合う同僚二人と、いつもの場所。

仕事前に、極上の2本。
まさにこれこそ、ニセコライフ・・・

スポンサーサイト

スチューピッド・ライン

栂池高原スキー場で死亡事故が発生しました。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130217-00000654-yom-soci

この方も、まさか命を取られるとは、夢にも思ってなかったでしょう。 ご冥福をお祈りします。

雪崩に限らず、雪山滑走は危険がいっぱい。

クラック転落、立ち木衝突、天候不良による道迷い 等々

自分も、今季2度大きなミスを犯しています。
一度は、雪崩。
二度目は、クラック転落。

運良く、死ななかった事を感謝しつつ、もう一度、この言葉をかみ締め、
改めて、勉強し直そうと思います。


雪崩リスクマネジメント ブルース・トレンパー著 
特定非営利活動法人 日本雪崩ネットワーク

258ページ スチューピッド・ライン(The Stupid Line)の項 序文

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
ふたつの大きな問題。

ひとつは何も知らない初心者。

もうひとつは、私のように、何でも知っているつもりで
実はそうでもないベテランだ。

-オンノ・ウィアリンガの言葉 
アルタスキー場で積雪の安全管理者を長年務める(現在は総支配人)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

羊蹄山「テラスの沢」雪崩事故について

2013年2月6日、羊蹄山、真狩側の「テラスの沢」付近で雪崩事故が発生しました。

オーストラリアからニセコライフを楽しみに来た「クリスチャン ベンチュラ」が大怪我をしました。

彼は、私の勤めるNACニセコ本社のクライミングウォールに去年から来て頂いているお客様。
そして、いつもメロウな雰囲気で、一緒にボルダリングを楽しむ仲間でもありました。

とても高額な、治療等に掛かる資金(600万円!)を少しでもサポートしようと、
彼の仲間が、寄付のためのサイトを作りました。

クリスは、大きな雪崩に遭遇したが、たまたま、後続で登って来た地元の消防士の応急処置と
ヘリの手配のおかげで、病院に運ばれ命を救われました。

しかし症状は深刻で、太腿を2ヶ所、脛を1ヶ所骨折する重症。

彼の保険は、パトロールのいないバックカントリーエリアでの事故の病院代はカバーしません。

故郷、オーストラリアに戻れば国民保険で治療がカバーされるが、
ここ、日本では無理。でも、病院代を払わなくては病院を出ることもできず、
オーストラリアに帰る事もできない。

もちろん、日本に家族はいない。
家族は、彼が帰ってくることを願っています。


もし、賛同する方がいらっしゃれば、クリスをオーストラリアに返すための募金にご協力ください。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆◆クリスチャンの映像訳◆◆ JAN出川さんの訳
『僕は大丈夫です。なんとか雪崩から生還することができたよ。
そんな事が僕の人生で起きるなんて考えもしなかった。
その日は人生の中でも素晴らしい1日で最高のコンディション、
羊蹄山をハイクしていて雪崩が起きるなんて考えもしなかったよ。
しかし、気がつくと大きな雪の塊に挟まれて足がいろいろな方向に向いていた。

これは考えうる最悪の状況だ。
しかしあんな大きな雪崩にあって生きていたことは
本当にラッキーだっと自覚している。太ももがいくつか骨折して、
脛も骨折して、色々なところから骨が飛び出していた。

歩くことが出来るのは、数か月、半年かかるかも。
でも死ななくて本当に良かった。

本当に山で僕の命を救ってくれた人々にまずはお礼を言いたい。
救急隊員、どこから急に現われたのか、名前もわからないのだが、
なんとか救助用ヘリを呼んでくれた。
通常ではそんなことできない国定公園内と言う事を知っているが、
それが私の命を救ったことは間違いありません。

雪崩から私を堀り出して、ショック状態の自分を救ってくれた友人達。
そして、私はこのベッドで意識を取り戻すことが出来た。

私の足はまっすぐに元に位置に戻っていて(笑)チタンが入っているのです。
そのあとは友達に囲まれて、寄付のパーティを企画してくれたり、
すぐにウェブサイトを作ってくれ、寄付 を募ってくれて、
このプロジェクトに多くの人が関わってくれたことがとてもうれしい。

ベック、君は本当に素晴らしい。すぐに行動に移してくれた。どうもありがとう。
バーで僕の募金をしてくれたり、僕の友人や家族にこの事を多く知らせてくれたり、
本当に僕の想像以上の事が起きているよ。

僕が出来ることは、このベッドの上で回復することだと思っている。
かわいい看護婦さんが、足の指を動かすようにと言ってくれているよ。
だからそんなに悪くないんだけど、今はとても家に帰りたい。

帰国して、みんなに会いたいよ。
早く回復してそれに長い時間がかからなければいいけれど。
僕の雪崩の話をみんなにしたいと思っている。
みんなも元気でいてくれ。それじゃあ。』

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

今回の事故については、状況から、色々な意見があるが、

どんなに、いい加減にしていても起きない時は、起きないし、
どれだけ、周到に対策していても、起きる時は起きる。

そして、より多くの時間を費やす程、多くの経験を得る反面、危険にも遭遇する。

過ちを犯しても、命があればやり直せるし、
自分や他人も、その過ちを糧に、より良い一歩を踏み出せると信じています。

がんばれクリス! 俺は応援します。

day6 羊蹄山

2013.2.15
メンバー)スノーボード:YASU,TAKU,YUKIE テレマーカー:TETSUYA,KANOMOR

シーズン中、何度かしかない絶好のコンディション!
目指すは、もちろんピーク。


6:50 登山開始 昨日のトレースがわずかに残る中、足首程度のラッセル
・林道から登山道に上がる辺りで、「ド~ン」と鈍い音か森に響く。雪崩?
8:00 CO855台地で、一回目のピットチェック。

沢狙いなので、ロープを出して、側壁を調べる。
ひじ3で40cm、肩8で120,125cmでずれる。
かなり不安定。 実際、沢には、先程の「ド~ン」の名残が・・・

9:30 CO1300最後のダケカンバで、早めのランチ&2回目のピットチェック。
今回は、全員でそれぞれ掘ってみんなで判断。
ここでも、先程とほぼ同じ結果。 これで沢は完全に断念。

しかし、ピークは予定通り目指す。
CO1500より上は、ガスの中。 積雪の不安定さから、尾根を忠実に詰める為、
TAKuちゃんと一緒にコンパスを切りながら進む。

ここの辺りから、ピークまで膝下ラッセル。
CO1800でガスの上に出た! ピークらしき物も見え隠れし、気合を入れなおす。

結局、一度もスキーを外さず、ピークまで来ちゃった・・・
登る事は楽だが、なかなかのアルバイトだった。

風は、微風。 最高の条件でピークハント。 厳冬期3年振りだった。

楽しみの下りは、文太コースを選択。
CO1700-1300まではガスの中。TETSUYAさんのGPSが威力を発揮。
初見の場所を見えない中を下るのには、心強い味方だった。

15:00 無事下って、ニッコリ

色々な判断の末、今季最高の一日になりました!!

写真は後ほど

町で話題の♪

お!
sCA3A0548.jpg

おぉ!?
sCA3A0547.jpg


おぉー!!
sCA3A0549.jpg
なんてこったい! 大人でも見れた~(喜)

毎年恒例、いつもの場所で、今週末まで見れますヨ~!!
場所は、倶知安町内です。

毎年、上手に作っていますが、今季は別格。
なんと、夜間のライトアップもされています。

で、帰宅したら更なるサプライズ
sCA3A0550.jpg

今日はバレンタインデー
妻からの手作り、抹茶とホワイトチョコのマフィンがっ!!


with 友人からのチョコケーキ、妻へのお土産ローソンスウィーツ、自分で買ったワイン。

しあわせな夜。

day5 すっきり山②

メンバー)スノーボード:やっさん スキー:TiiZii テレ:カノマ~

午後から爆風予報なので、
6時にヘッドランプを点けて行動開始。

7時50分頃、稜線着。
3人それぞれピットチェック。 全員で判定。
手首3で、昨夜~今までの降雪と飛雪による5cmの風成雪層で破断。
その下は、肩3で30cm層がグズっと、少し動く程度で安定。

8時過ぎに一本目。 北ボウル。
滑り始める頃に、風が強まってくる。
底当たり&クラスト気味で手ごわい。
後半、良くなってきた頃にトラバース地点。

尾根に出て登り返し。9:30稜線手前で、早めのランチ。
ランチ後、ちょっと登り出してから、上部が爆風なのを確認し、小休止&ゴーグル等装着。

2本目、北面の別の沢。
爆風で落ちた、アイスボールで所々カリっとしてるが、概ね雪は良い。 
かなりスティープで、バンクも楽しめ、大岩の下のエスケープポイントco850mで終了。

さっき登り返した所まで、トラバースし、登り返し。
次回滑るなら、もう少し下まで落として、コルに戻ると良いかな?

3本目、2本目の隣、北西向きの沢。
850mまで滑り、その後は、
お帰り用のユル沢側へトラバースする予定。

ファーストで、カノマーが滑り出す。
滑り始め、斜度35度程度、左よりを滑って、アンカーポイントの潅木が無くなり、
斜度も増し、40度のオープンバーンに突入直後、足より50cm上方で破断、雪崩発生。

それまでチェックターン気味で、スピード抑え気味だったので、
スキーを左に向け、加速。 少し足を取られそうになりながら、潅木帯にエスケープ。

エスケープすると、雪崩も、直ぐに静止。
心臓がドクドクしてるのを感じつつ、

「アバラーンチ! 雪崩れた~!!」
と、150m程上のスタート地点の仲間に伝える。
声が届いたので、ユル沢に降りてもらう様に伝える。

破断面10~30cm、距離80m。
この先で、一旦、広がり、すぼまって行くので、
エスケープできなかったら、と考えるとゾっとする。
明らかに、今日の飛雪面からの破断。
浅い場所からの破断だったので、回避できた。 

時間経過による、リスク増加を考慮に入れた、滑走計画が改めて必要と感じた。

また、深く埋まらなかったとしても、
テレマーカーの私や、スノーボードは板が外れないので、
足の骨折の可能性もある。

規模が違うが、前日には羊蹄山の某沢で距離1000mの巨大雪崩が発生。
1名のスノーボーダーが両足大腿骨の骨折を追い、ヘリ搬送された。


ユル沢までトラバース。仲間と合流。
結果、ユル沢の二つ右のステキ沢を落とし、co550mからトラバース。

ステキ沢もそうだが、ユル沢やその手前にも、大きな亀裂が多数。
墜ちない、落ちても大丈夫そうな速度で下り、13:00無事下山。



リスク回避できて、無事に帰ってこれたけれど、
起こった事実を受け止め、より一層注意し、山に向かいたいと思います。

da y4 1107②

2013.02.01 メンツ)スキー:やっさん テレ:カノマ~
厳冬期では、最悪の気温プラスのコンディション。
最終手段の1107 

出発前に、L・Mファクトリー店の店長Hさんと遭遇!!
有益な情報を色々頂き感謝です。

コンディションは、やはり厳しい。
こんな日は、滑った事の無い面の調査!

「ハロ」は、メロウだけど、遊べる壁と沢があり、
ニセコの二兎x2くらいの距離があり、パウダーの日に再訪したい

今季、初めて写真と撮って頂きました!
sCIMG0610.jpg sCIMG0622.jpg
う~ん、雑な滑りだなぁ・・・ かっこよく滑れる様になりたい。



ニセコだより
プロフィール

kanomor

Author:kanomor
FC2ブログへようこそ!

FC2カウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
スポーツ
1774位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ウィンタースポーツ
96位
アクセスランキングを見る>>
電力使用状況&電気予報
 
検索フォーム
 
 
 
 
 
 
ブロとも申請フォーム
 
 
QRコード
QR