ニセコだより

北海道のニセコから、春夏秋はクライミング、冬はバックカントリーを中心に、最新のアウトドア情報を発信します。

 
1
3
4
6
7
9
10
12
13
14
15
17
20
21
22
23
24
25
26
27
28
30
11


積丹岳スノーボーダー遭難、道警によるレスキュー失敗による死亡事故の判決

救助隊に過失 道に1200万円の支払いの賠償命令

NHK NewsWebより

当時の北海道新聞の記事より
後志管内積丹町の積丹岳(一、二五五メートル)に一月三十一日に入山した男性が行方不明になった遭難事故で、道警は二日午前七時から捜索を再開し、道警ヘリが約四十分後に男性を発見し、札幌市内の病院に搬送したが、男性の死亡が確認された。また、男性は一日の救助作業中に二度滑落していたことも分かった。機動隊員が急斜面を滑落した男性を、救助用ソリに乗せて引き上げていた際、ソリを固定した樹木が重みで折れてソリが滑り落ちたという。
道警によると、男性は札幌市豊平区Fさん(38)。二日の朝の捜索で、Fさんは標高千メートルの南側斜面で、ソリに乗った状態で見つかった。一日の捜索で道警機動隊員五人は、同日正午、山頂付近にFさんが倒れているのを発見。隊員がFさんを抱きかかえて移動したが、足元の雪が崩れ、隊員三人とともに約二百メートル滑落した。滑落後の同午後一時ごろ、隊員はFさんをソリに収容。三人で約一時間かけ、四〇度の急斜面を五十メートル引き上げた。 その後、他の隊員と交代するため、一時、ソリを樹木にくくりつけた際、樹木が折れ、Fさんが二度目の滑落をして行方不明となった。このため、隊員は一日夕に捜索を一時、中断した。
滑落については当初、Fさんが雪に穴を掘ってビバークしており、そこからの救助作業中に発生したとみられていたが、道警の隊員への聞き取りで、二度の滑落など詳細な状況が判明した。

判決文を見てみたいです。

気になるのは、
家族の発言が・・・
想像力が・・・
でも、自分の子供となれば、こうなるのだろうか。

教訓として、身近なれど冬山に向かうと言う事を自分に戒めたいと思います。

100%の安全は無い。
99.9%の小数点以下の9を如何に増やせるか。

安全対策。
事故を起こさない行動。

山に入る前に、やれる事はたくさんあるので、改めて見直したいです。

スポンサーサイト


ニセコだより
プロフィール

kanomor

Author:kanomor
FC2ブログへようこそ!

FC2カウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
スポーツ
1651位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ウィンタースポーツ
96位
アクセスランキングを見る>>
電力使用状況&電気予報
 
検索フォーム
 
 
 
 
 
 
ブロとも申請フォーム
 
 
QRコード
QR