ニセコだより

北海道のニセコから、春夏秋はクライミング、冬はバックカントリーを中心に、最新のアウトドア情報を発信します。

 
1
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
12


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

健康診断で思う

年に一度の日。

今年は、地元の基幹病院へ。
快適な環境の中、半日の検査を受け、セットされていた昼食を頂き、昼からは会社へ。
結果は後日郵送して頂く。

待ち時間に、「ファイントラック」のカタログを読破。
A4相当で全84ページ。 
スタッフのアウトドア経験から必要とされた機能と、世界最高水準の日本の繊維技術を融合させた魅力的な商品の数々。


このブランド、発足当初から、大好きなブランド。
極初期から微々たる量ではあるが、お付き合いがある。

特許を持つ「ドライレイヤー」を足掛かりに、今年いよいよ
常識だった3層を打ち破り、5層の「5レイヤリング」を完成。
湿潤な日本の環境下で、快適に過ごすための工夫満載。

新しい物に慎重な北海道でも認知されてきた様子。
大変嬉しく思います。 
既存の製品に改良、もしくは革新を図り、真摯に、世界で唯一の機能を追求する姿勢。
日本の得意とするビジネスモデル。

かのブランドの様に唯一無二で、世界と勝負する姿勢が、
我々、日本人ひとりひとりに必要なのだろう。

もう、「サラリーマンは気楽な稼業」と来たもんではない。

蜜月は過ぎた。

どんな関わり方でも、仕事をしてお金を頂き、生きていくなら、
ひとりひとりが、考え、サバイバルしなくては、とヒリヒリ(ひしひしより少し痛い)感じる。

そんな緊張感が、これから生きていく日本人には必要だと、改めて思いおこした熱いカタログでした。

最後に、これが最も大事な事かもしれない。
この会社のスタッフは、一人残らず、筋金入りのアウトドアズマンという事。

本物の製品は、本物の人からしか生まれない。

スポンサーサイト

小川山⑤ 烏帽子岩左稜線 マルチピッチの日

11/2 いよいよ、マルチピッチの日。 
人生最長。18ピッチ・・・ 長い一日になりそうだ。

4:00 起床 あたりは真っ暗・・・
DSCN0375.jpg
朝食は麺類で軽く済ませる。

5:00テン場発
DSCN0378.jpg
やっぱり真っ暗。 当然、ヘッデン(ヘッドランプ)行動。
トポと昨日のマラ岩の記憶を頼りに歩く。
しかし、途中3度迷う。 暗闇がいかに人を惑わすか、改めて実感。

5:45取り付き着
DSCN0380.jpg
日が出てからは、割とすんなり着いた。
ちなみに、トポに出ている「落ちそうな白い石」は、すでにありません。
ですが、丁寧に打たれたデポ旗を探せば大丈夫です。

さて、このルートですが。
デシマルグレードで表記されている事に惑わされてはいけません。

まったくの、アルパインルート。
そう、いわゆる「本チャン」

浮石多数。ルーファイ必須。の実にワイルドな内容です。
アルパインのゲレンデ経験と、ナチュプロ(キャメの5、6あたりも必要)
ヌンチャクではなく、シングルとダブルのダイニーマスリングが多数必要です。

ウキウキで準備し、
6:20 登攀開始 リード:Hideさん 中間:カノマー フォロー:ソウゼンくん 
1P 汚い溝5.6
DSCN0381.jpg
クラックと呼べる代物ではない。

6:40 2P 5.7
DSCN0384.jpg
なかなか快適。

7:23 3P 5.6
DSCN0389.jpg
トポ通りのダブルクラック
出だしで6番のカムが活躍!

7:50 4P 5.8
DSCN0392.jpg
前半のハイライト。40mの長く悪いピッチ。 上部のフェイス部分が特に・・・ 
残置ピンに命を預け、突破!
DSCN0397.jpg
無事で何より、見晴らしの素晴らしい岩峰でこの笑顔!

8:41 岩稜歩き開始 リード:ソウゼンくん 中間:カノマー フォロー:Hideさん 
DSCN0398.jpg
DSCN0401.jpg
DSCN0403.jpg
DSCN0409.jpg
とは言え、なかなか悪い部分もある為、当初予定していたコンテではなく、スタカットで慎重に進む。
DSCN0411.jpg
北向きの尾根。 日差しが入らずとても寒い。 私はず~っとダウンを着て登りました。
タイミングを見て、腹に詰め込む。
DSCN0413.jpg
岩稜の核心! オリジナルライン?の ソウゼントラバース
フォローはとても楽しめました 
トポ上の10P終了点、残置クイで終了。

そして

いよいよ、来ました~
11P 5.6 45m 正に絶景、絶景
DSCN0425.jpg
DSCN0433.jpg
DSCN0448.jpg
L字の超快適なリッジ。 感動だぁ・・・

ここで、私のリクエストを覚えて頂き、交代。
12P リード:カノマー 中間:Hideさん フォロー:ソウゼンくん 
簡単なリッジの登り下り。
13P 5.7 15m
美しいハンドクラックは、リッジからの取り付きから足元が、スパっと切れ落ちており凄まじい高度感
ビビってミシン踏んじゃいつつ、落ちそうになりつつも、なんとか突破
終了点が、烏帽子岩本峰のピーク。14:42着
本当に素晴らしいピッチをリードさせて頂き、感謝感激です

14P懸垂下降  リード:Hideさん 中間:カノマー フォロー:ソウゼンくん 
DSCN0450.jpg
15Pクラックからぼろチムニー。
16P懸垂下降 

16:00 ここで、時間が足りないと判断し、残り2Pを残し下降を決定。

DSCN0455.jpg
バックは、17P18P特に18Pのチムニーが見た目にも印象的。

下りは、コルからハッキリした踏み跡を下降。

16:50テン場着。

実質12時間行動。 予想以上に、なが~い一日。

3人パーティで無ければ、完登出来ていた事を考えると、本来部外者である私が居なければ・・・
等と考えてしまいましたが、何よりこの様な機会を頂けた事のありがたさでいっぱいです。

是非、最後の2ピッチを再度トライしに訪れたいです。
その時は、下部は烏帽子岩本峰西面の更に厳しいルートから、
なんて夢も広がりますネ



ニセコだより
プロフィール

kanomor

Author:kanomor
FC2ブログへようこそ!

FC2カウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
スポーツ
1655位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ウィンタースポーツ
86位
アクセスランキングを見る>>
電力使用状況&電気予報
 
検索フォーム
 
 
 
 
 
 
ブロとも申請フォーム
 
 
QRコード
QR
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。