ニセコだより

北海道のニセコから、春夏秋はクライミング、冬はバックカントリーを中心に、最新のアウトドア情報を発信します。

 
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
06


湯内川

2014.7.11 天気:晴れ 気温25-28℃ メンバー:マギー、Hろし、KTくん

毎年恒例! 同僚との沢登り。
キャニオニングツアーのツートップ&期待のホープ計4名

台風の影響が心配されたが、最高の沢日和となった。

最近、人気の湯内川は、ニセコ連峰の端っこ。 
雷電山の麓、海抜0mの日本海から、朝日温泉(休業中)までの3km弱のコンパクトな沢。
出だしで、H2OアドベンチャーのIリーニャ&ITさんにも遭遇。 シーカヤックも静かに楽しめる。

行程の概略は、

海を泳いでのアプローチ⇒ 海から突き上げるF1二段30mの大滝(中間テラスにひん曲がったウェーブハーケンある所から核心、ロープ出した)⇒ 釜持ち3段の滝⇒ コケがつるつるの斜瀑(ロープ出したが、不要かも)⇒ しばらく、ブタ沢っぽさが続く⇒ 小滝の連続、全て快適⇒ F6通称ショルダーの滝は水量少なく、4名中3名はフリーで突破⇒ 最後のF8、20mでKTくん懸垂下降を初体験!(練習の為)⇒ ゴールには、野湯が待っている。ノンアルコールビールで乾杯♪
コースタイムは5.5時間。 普通ならば、4時間でいけるでしょう。


短いながらも、変化に富んだ、初級者にもオススメの沢です。
北海道の山と谷グレードなら !★ でしょう。

スポンサーサイト


ニセコだより
プロフィール

kanomor

Author:kanomor
FC2ブログへようこそ!

FC2カウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
スポーツ
1981位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ウィンタースポーツ
111位
アクセスランキングを見る>>
電力使用状況&電気予報
 
検索フォーム
 
 
 
 
 
 
ブロとも申請フォーム
 
 
QRコード
QR